Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 8坪ハウス


8坪ハウス



最小限住宅
狭小変形敷地に建つ建築面積が8坪の家。この住宅の建つ下町の敷地は、前面道路も2〜3mと狭い。




配置図
東京都墨田区の下町。空襲に合わずに済んだこの辺りは、家々が軒を接して建ち、前面道路も狭く、2〜3mの幅(1mくらいのところもある)です。

建て主のSさん家族は以前からここにお住まいで、家が老朽化したために建て替える事にしました。前面道路が狭いので、建築基準法により4mまで拡幅しなくてはなりません。そのため元々広くは無い敷地が更に削られ、敷地面積は、40.32m2(12.34坪)になりました。

敷地境界から工事ができる最小限の離れを取り、敷地一杯の平面形として出来るだけの面積を確保しました。それでこの住宅は、敷地の形状と同じ「T字形」の平面となったのです。
この住宅の建築面積は8.29坪、延床面積(1・2階の合計)は16.07坪。この住宅をT形ハウスまたは8坪ハウスと名付けましょう。




住宅作品のインデックスへ 次のページへ

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.