Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 富士吉田の家




富士吉田の家






南東側外観
家に近づいてみます。左側の濡れ縁、右側の車庫や玄関ポーチの上部は、屋根が伸びて大きな庇となっているのが分かります。
この庇は、濡れ縁の奥の居間に入る日差しを調整する役割があります。夏は日差しをカットし、冬は障子を開けて日差しを内部に注ぎます。また、雨の日も玄関や濡れ縁への出入りが楽です。
2階を見ると、先ほどの写真の窓の位置に木製のルーバーが移動しているのが分かります。このルーバーも日差しを調整する装置として作られました。夏は、この写真の様に窓の前に設置して、強い日差しをカットします。また、冬は、前の頁の写真の様にルーバーを移動して日差しを取り込みます(窓の前に置かれたままでも、冬はルーバーの隙間から日差しが入ります)。
外壁は、富士吉田の気候を考慮して外断熱をした上にガルバリウム鋼板の一文字葺きとされました。



前のページへ 次のページへ

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.