Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 宗吾参道の家



宗吾参道の家


 

居間
リビングと和室の間の壁を取り去り一体の居間空間としました。部屋数を少なくして、一室を広くした方が、家族構成から見ても住みやすいだろうと考えられたからです。

壁を取り去る際には、筋違い(写真の×形の板)の位置はリフォーム前の配置を出きるだけ生かすこととしました。
これには、「過去の家の記憶としての壁の位置」を残したいとの気持ちも込められていますが、これまでここに壁があって建ち続けてきたこの家を、構造的に弱くしないための配慮でもあります。

南面(カラー写真左側)の白い壁の上のバルコニーを取り去り、トップライトの帯を作りました。また、2階床を一部抜いて吹抜けとし、1〜2階の生活がつながる様にしました(この吹抜け上部にもトップライトが設置してあるので、屋根の上からの光が2階を経て1階にも差し込みます)。
これらの工夫により、生活の中心となる1階リビングは明るさを増し、2階の個室ともつながりができました。
和室の床の間だった部分を作り付けの収納としました。

下写真はリフォーム前の和室。左の窓が、上の写真の奥の窓と同じものです。




住宅作品のインデックスへ 次のページへ

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.