Home >> 作品集 >> 共同住宅作品集 >> 屈斜路原野ユースゲストハウス









屈斜路原野ユースゲストハウス





南西外観

外装は現地産の間伐材を利用した落葉松羽目板貼りとしました。
窓は、旭川の久保木工製の木製サッシュで、特殊フィルム入りのペアガラスを使用しています。壁の内部にはグラスウールが吹き込まれ、高気密高断熱の仕様となっています。
右手前の三角屋根部分が食堂になっており、南のデッキを介して庭に繋がっています(この写真では土ですが、現在は芝生の庭になっており、オートキャンプ場としても使われています)。
サイロの様な部分は八角形の吹抜けとなっており、宿泊室が周囲を取り巻いています。
背後の森は原生林です。



前のページへ 次のページへ




当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.