Home >> 広場 >> 勉強会







勉強会


土曜日を中心に設計に携わる方や学生の方との「勉強会」を開いています(設計者をお探しの一般の方向けのものではありません)。
土曜日の場合、時間は10時半から12時頃までやって、昼食後解散としています。
場所は、荒木毅建築事務所(事務所地図) でやってます。
昼食を近くの関口パンで食べた後、住宅の見 学 会や建築関係の美術展に行く事もあります。
テーマは建築に関する話題です。これからの住宅についてなど、お茶を飲みながら話し合って行ければと思っております。
勉強会に興味を持たれた方のご参加をお待ちしております。


mailto:info@t-araki.co.jp




2017年の勉強会(予告)
勉強会を新たに始めようと考えています。
一人の建築家にスポットを当てて、彼の作ってきた建築を図面や写真などから自分たちなりに解読し、確認のために実際の建築を見学に行くことを考えています。
詳細が決まりましたら、告知致します。



2003年の勉強会
長く中断しながらも、一応、アロバロ・シザを数度やりました。
テキストは、A+U、建築文化とGAを使いました。
今回も、鈴木茂雄氏にお願いして町歩きも開催しています。渋谷川の上を歩きました。

次回案内などは、談話室(BBS)に書きますので、参加希望の方はそちらもご覧下さい。
報告書をまとめようと思いながら、なかなかやってません。ゴメンナサイ。
2002年の勉強会
スカルパをやりました。
今回も、鈴木茂雄氏にお願いして町歩きも開催しました。
2000-2001年の勉強会
テキストに、a+uのズントーの特集を使用しておこなわれました。
それと、今回は初の試みとして街歩きサーベイも行われました。
1999年秋の勉強会

テキスト/新建築住宅特集

気になる建築;を解読しようと始めたが、B、アニハウス、ミニハウスについて話し合った後、勉強会休止。

1999年春の勉強会
テキスト/
アントニン・レーモンド(JA99)

参考図書/
ANTONIN RAYMOND An Autobiography (TUTTLE)
アントニン レーモンドの建築(三沢浩・鹿島出版会)

内  容/
・6/12 スタンダード石油社宅/1950・ハーマン邸/1951
・6/ 5 聖ポール教会/1935・聖アルバン教会/1955(午後からアルバン教会を見学した)
・5/29 軽井沢の新スタジオ/1962・樅の木の家/1966
・5/22 カニングハム邸/1954・最小限住宅(増沢潤)/1951・軽井沢の山荘(吉村順三)/1962
カニングハム邸と最小現住宅の比較は面白い。プランに似た部分があるのだが、最小現住宅の方が先なんだよね。
レーモンド氏が、スタッフの増沢氏の住宅を参照したらしい。増沢氏の最小現住宅は、構成主義的で隙が無く美しいけれど、レーモンド氏の空間は濃密で感動的でした。


・5/15 川崎守之助邸/1934・麻布の家/  
・井上房一郎邸/1952
・5/ 8 小寺別邸/1934・赤星鉄馬邸/1934
・4/24 霊南坂の自邸/1924・軽井沢の夏の家/1933
1999年秋の勉強会
テキスト/
REM KOOLHAAS OMA(JacquesLucan Princeton Architectural Press)

参考図書/
S,M,L,XL( )
a+u(9809,  )
DELIRIOUS NEW YORK (錯乱のニューヨーク;鈴木圭介氏訳・筑摩書房)

内  容/

・Two Villas with Patios(Rotterdom 1984-1988)
正方形による古典的平面構成、軸線であり人の動きに合わせて物語を展開する階段、ガラスによる光庭。

・National Dance Theater(The Hague 1980-1987)
フォアイエに浮いているoval satelliteは、彼のその後の宇宙空間の様な建築の展開を暗示している。

・Ij-plein(Amsterdam-North 1980-1989)
ウィットのあるゾーニング、R.K階段!(チューブの様な動線の予兆)

・Urban Planning Competition(New Town of Melun-Senart 1987)
なんと大胆なパリの改造計画!理屈は通っているかも知れないが、・・・。

・Sea Trade Center(Zeebrugge 1989)
私たちは気付いてしまった。この建築が、バベルの塔を逆さまにした形であることを!
・National Library of France(Paris 1989)

子宮内の胎児の様な、あるいは体内の内蔵の様な空洞が立方体の中を浮遊している。衝撃的なイメージ。

・Center for Art and Media Technology(Karlsruhe 1989)
水平なスラブの重層である近代建築をカモフラージュする外皮での手法の基礎。






当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.