Home >> 広場 >> コラム >> ボビージーン
ボビージーン
<ザ・ハウスのメルマガ(2005/10/13)建築家コラムリレー(建築家の日々あれこれ)>

 ボビージーンの事を書こう。と言っても同名の歌の事は全く知らない。
 これは店の名である。実は、この3月31日で閉店した。

 常連客が20人程居り、私も仕事を終えた後、週に一度くらいの割合で出かけ
 ていた。そこには、ホッシー(愛称)と言うすぐに客の名前を覚えてしまう
 バーテンダーが居り、シェイカーの振り方がとても格好良かった。
 最初は昨年の秋に友人に連れられて行った店だが(私は臆病なので自分で
 店を開拓するのが苦手なのだ)、そのうちに一人で行くようになった。

 ホッシーは、いろいろなスコッチを教えてくれた。専用の薄いグラスに
 入れられた酒をカウンターの上でゆらゆらと動かし、空気を混ぜて柔らかく
 しつつ、香りを楽しみながら頂く。
 バス・ペール・エールをチェイサー代わりにする飲み方もそこで学んだ。
 少しづつ、横に並んだ常連の方々(20代の方が多く、私は一番歳上の部類
 だった)とも話すようになり、ボビーに行くのがますます楽しくなっていた
 2月の半ば、閉店の事を告げられた。

 それからは、店に行く回数が日に日に増して、週3回程も行っていただろうか。
 常連によるいくつかのセレモニーがあったりなどしたが、やがて3月31日は
 来てしまい、最後の大騒ぎの後で行くべきところが無くなった。

 常連の方々も同じような気持ちだったのだろう。それからしばらくは彼等と
 別の店に行ってみたりもしていたが、半年後の今はバーに立ち寄る時間が
 少しづつ減って来ている。




2004年の秋から2005年の春まで通ったこの店は、大事な思い出になっています。

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.