ヒナダンノイエ (previous page)住宅

北側(道路側)外観

1階に事務所、2階がご両親世帯、3・4階が吹抜けのあるお子さん世帯の、二世帯三世代住宅です。道路側外観はシンプルな箱形となっています。

ヒナダンノイエ 北側(道路側)外観

東側外観

住宅部分では各住戸の南側(2階と3階)に広いデッキ(庭)を作りました。このため、横から見ると南側のデッキが「雛壇」となった階段状の形をしており、南側(写真左側)の空に向かって開いているように感じられます。

ヒナダンノイエ 東側外観

2階居間(両親世帯)

ご両親世帯のLDKです。正面が南で、広いデッキに花などの植物が置かれています。
左側に和室が見えます。明障子を閉めて個室とする事もできます。
その右側は光庭となっており、1階事務室に太陽光を届けます。またこの光庭は、冬の太陽高度の低い季節に2階居間に直射光を入れるのにも役立っています。
ダイニングテーブルの右側がキッチンです。

ヒナダンノイエ 2階居間(両親世帯)

3階LDK

3~4階は子世帯の住宅です。吹抜けを介して3階のLDKと4階個室がつながっています。この写真は引っ越される前のものです(あとで、お住まいになった後の様子も出てきます)。

ヒナダンノイエ 3階LDK

3階キッチンより北側入口方向を見る。

南側にはデッキに開く大きな窓がありますが、北側にも窓が設置され、南北に風の抜ける構成となっています。
ガラスの手摺りの階段を下りると両親世帯とつながっています。正面の木の階段を上り4階に行きます。
ガラスの手摺りの向こうは土間となっており大きな窓が北側道路方向に開いています。

ヒナダンノイエ 3階キッチンより北側入口方向を見る。

4階とのつながり

キッチン横の階段を上がると、個室や洗面所があります。
写真、ガラスの部分が洗面・浴室。木の格子の部分が個室です。

ヒナダンノイエ 4階とのつながり

3階LDK

住まわれた後の様子です。4ページ目と同じアングルで撮っています。
ハイサイドライトからの光が天井を明るくしています。

ヒナダンノイエ 3階LDK

ダイニングとキッチン

この家の内部(壁や天井)は、建て主のご希望で白を基調としています。キッチンも同様に白く作られました。

ヒナダンノイエ ダイニングとキッチン

4階洗面所

洗面所も白を基調にして作られました。
右側(北側)天井近くからの光と、吹抜けを介した南側(左側)からの光で、明るい空間となっています。

ヒナダンノイエ 4階洗面所

3階デッキ(ヒナダン)

LDKの南側外部は広いデッキとなっています。デッキ材には智頭杉を使いました。
デッキとつながる大きな窓上部には、奥行きのある庇が設置され、夏場の光を遮ったり雨の吹き込みを防いだりの役割を果たしています。吹抜け上部の横長のハイサイドライトが一番上に見えています。
デッキには植物が植えられました。デッキ奥の手摺りで囲われた部分は1階まで抜ける光庭です。

ヒナダンノイエ 3階デッキ(ヒナダン)

南西外観

この建築の特徴が良く分かる写真です。一番右側の手摺り部分が2階のデッキ(ヒナダン)、その左上部に3階のデッキ(ヒナダン)が見えています。1階は事務所と車庫があります。

ヒナダンノイエ 南西外観

北側(道路側)の夕景

住宅の居室部分は、プライバシーを考慮して横に細長い高窓とされました。
事務所と階段ホールの部分は、ガラス張りとされ外部とつながっています。 

ヒナダンノイエ 北側(道路側)の夕景

断面図

右側が南です。1階は事務所、2階はフラットタイプの住居、3・4階はメゾネットタイプの住居となっています。2階と3階の南側にデッキ(ヒナダン)が設けられています。

ヒナダンノイエ 断面図

設計概要

鉄骨造4階建ての事務所併用二世帯住宅です。
1階に事務所、2階がご両親世帯、3・4階が吹抜けのあるお子さん世帯の三世代住宅です。外観はシンプルな箱形となっており、モノトーンの色味となっています。

 

周囲を背の高いマンションに囲われているので、太陽光線の採入れ方を工夫しました。
2~4階の住居部分は、南側から光を採入れ北側にも開口部を作り、自然に風の抜ける家となっています。東西は壁面を多くして、西日などの日射の影響を軽減しました。

 

内部空間は、居間を中心にのびやかにつながっており、引戸を開けると個室も居間と一体となります。
1階の事務所には光庭(中庭)を設け、部屋の中央付近にも自然光が届くようにしました。また、天井近くに横長のスリット窓を部屋の周囲にぐるりと回し自然光が入りやすくしつつ、プライバシーを守る工夫としました。
住宅部分では南側に広いデッキ(庭)を作りました。このため、横から見ると南側のデッキが「雛壇」となった階段状の形をしており、南側の空に向かって開いているように感じられます。

ヒナダンノイエ 少し離れたところからの外観。

設計概要

 建築用途 事務所併用二世帯住宅
 主体構造 鉄骨造 地上4階
 敷地面積 200.73m2
 建築面積 136.11m2
 延床面積 365.55m2(光庭・デッキを除く)
 構造設計 クレモナ構造研究所
 施  工 (株)栄港建設
 2007年1月

 
作品一覧へ戻る