土間のある家 (previous page)住宅

外観の構成

下町の小さな敷地に建つ夫婦と男女二人の子供のための住宅です。
左側は急勾配の屋根の掛かるロフトのある子供部屋で、ガルバリウム鋼板貼り仕上げ。右側は1階に土間と和室、2階に板間(居間)のある部分で、モルタル櫛引仕上げとなっています。真ん中には、木製のバルコニーが居間から突き出ているのが見えます。バルコニーの下は土間コンクリートの叩きとなっており、車を停めることができる広さが確保されています。

土間のある家 外観の構成

土間(1階)

1階は大きな土間を中心にした構成です。手前には(写っていませんが)、縁側と和室(主寝室)が土間とつながっています。
はめころしの窓を通して土間は外部土間にもつながり、隣地の庭の緑を借景しています。1階土間と2階の板間は螺旋階段で繋がっています。

 

土間ではいろいろな活動が出来ます。
実際に、ご夫婦の共通の趣味である陶芸の場としても使われており、ご近所の方から希望があると陶芸教室を開いています。教室の日の土間には、陶芸釜やご主人が制作した折畳み式の作業テーブルなどが並びます。左側の壁の目地にはレールが埋め込まれており、ガラスの棚板を取り付けることができるので、作品の展示にも使えます。
普段の日は、土間で自転車の修理をしてもよいし、和室と土間とを使って、ちょっと風流な宴会なんかも出来そうです。

土間のある家 土間(1階)

板間(2階)

板間はひと固まりの空間です。作り付けの大きなダイニングテーブルを中心にした場と、地窓と置畳のある場で構成されていますが、硬い仕切りや壁は無く、曖昧な仕切り(引き込み戸や屏風)で区分する事ができる仕掛けになっています(写真では、ダイニングとキッチンの間のガラスの引込戸が引き出されています。この戸を壁に収めるともとのひと固まりの空間に戻ります)。

 

太陽が東から南、西と動くにつれて、各方向に開いている窓よりの光が、内部空間に差し込みます。

 

ダイニングテーブル上部、勾配をやや大きくした天井近くに開けられたハイサイドライトは北向きとされ、空を綺麗に眺めるための窓として作られました(太陽光線が逆光にならないので空がよく見えるのです)。

土間のある家 板間(2階)

ダイニング部分

ダイニングとキッチンの間の三枚引戸をしまい込んだところです。全体が明るい色の木の空間となっています。
隣の家との視線の交錯を避け手元が明るくなるようにシンクの前にはトップライトをもつ出窓状の壁が設置されました。右奥のドアの外はサービスバルコニーとなっています。

土間のある家 ダイニング部分

キッチンよりバルコニー側を見る。

南側の壁面には地窓、西側にはバルコニーに出る掃き出し窓、その隣に子供室の三枚引戸が見えます。階段は部屋での活動の邪魔にならない位置に設置されています。
2階板間の床も、空間の構成要素として落着いた表現にしようと考え、既製のフローリングでは無く、ラワン合板貼りとされました。

土間のある家 キッチンよりバルコニー側を見る。

西側を見る

子供室の戸が開くと、中にロフトに上る梯子が見えます。子供室と居間は引戸を開けることで一体の生活の場となります。
南側の地窓を開けると、下町の道端のざわめきが聞こえてきます。この窓には道と家を繋げる効果があります。地窓の前にならべられているのは「置き畳」。
また、西側を掃出し窓とした事で、板間がバルコニーまで延びたような広がりが出てきます。そしてその先に隣家の緑が見えます。

土間のある家 西側を見る

子供室

作りつけのカウンターや収納のあるコンパクトに作られた子供室すす。梯子を上るとロフト(寝室)があります。ロフトからの光を子供室に取り入れるためのFRP格子が天井に見えています。

土間のある家 子供室

2階板間

螺旋階段の丸い穴を通して、2階と1階の家族のための「場」がつながりを持ちはじめます。実際の生活のなかでは1・2階が一体となって感じられることでしょう。

土間のある家 2階板間

あいまいが魅力の家

・環境・機能・住要求・構造・空間など、建主の要望や周囲の環境から出てくる複雑な要素を整理して行きました。

・そうして出来上がった住宅の中心には、どの室ともあいまいに結びついている場が作られました(1階の土間と2階の板間)。

・3枚の引込み戸(あいまいな仕切り)を介して、夜は寝室となる1階の和室や2階の子供室や台所を、中心にある土間や板間に隣りあわせてみたのです。

・家族のコミュニケーションは、過度にプライバシーを確保した家よりも、こんな家で生まれる気がしています。

・住む人間がここでお互いあいまいに刺激をしあい、何か新しい生活が生まれて行きそうな予感がします。

土間のある家 立面図

概要

 所在地 : 東京都板橋区
 主要用途 : 専用住宅
 家族構成 : 夫婦+子供2人
 設計監理 : 荒木毅建築事務所
 構造・構法 : 木造軸組構法
 敷地面積 : 71m2(21坪)
 規 模 : 93m2(28坪)
 工事費 : 21,000,000
 竣工年 : 98年9月

土間のある家 立面図
作品一覧へ戻る