市川の家 (previous page)住宅

外観夜景

丸い屋根を持つ2階の一体空間とその下のピロティ、建築本体から突出した階段室の縦長のスリット窓が見えます。外壁はガルバリウム鋼板角波貼り。

市川の家 外観夜景

夜景(部分)

ハイサイドライトから洩れる明かりが、夜景に暖かみを与えています。弧を描く屋根の梁はH型鋼にて作られました。

市川の家 夜景(部分)

2階居間

居間を真横から見ています。引き込み障子の付いた畳スペース、ハイサイドライト、大きな丸天井などが見えます。 畳のスペースは障子やロールブラインドを工夫することにより、様々な使い方ができます。

市川の家 2階居間

2階居間

大きな弧を描くハイサイドライトの他、4寸角の桧のフレームに取り付けられたロールブラインド、木とスチールで構成された階段手すり、手の届く位置に取り付けられたスポットライトなどが見えます。
普段は全体を一室として利用されていますが、中央の三畳の部屋は障子閉め、ロールブラインドを下ろせば個室としても使えます。ひな祭りの日には、障子を一枚だけ閉めてその前に雛人形を飾り、畳の部屋をステージの様に工夫されていました。

市川の家 2階居間

フレキシブルな一体空間の家

20代の夫嫌のための家は、金融公庫の融資を受けられる最小限の70m 2(延床面積)を目標に作られました。平面の形は、空間の狭さを感じさせない為に、敷地ぎりぎりの短冊形(細長い長方形)とされ奥行きのある空間として作られました。

 

出来るだけの面積を比較的環境の良い2階の家族の空間に取り、1階は寝る事と風呂トイレのみに使われています。ピロティは、駅から遠い施主の駐車場として使用されています。

 

2階は、内部を包み込むR状の断面形状として一体感を作り出しています。ここは、天井まで達しない引込み障子や御簾(ロールブラインド)で、あいまいに仕切られ、夫婦や客の様々な活動に対応します。

 

比較的眺望の良い方向のみに窓を穿ち、唯一美しい青空の眺めを、長手方向一杯に取られた三か月形のハイサイドライトにより確保しました。

 

階段室は、部屋での活動を邪魔しないために、この居室空間の外に一枚の壁を建てて作られました。

市川の家 西立面図

設計概要

 所在地 : 千葉県市川市
 主要用途 : 専用住宅
 家族構成 : 夫婦+子供 
 設計監理 : 荒木毅建築事務所
 構造・構法 : 木造軸組構法
 敷地面積 : 100m2(30坪)
 規 模 : 76m2(23坪)
 工事費 : 16,500,000
 竣工年 : 93年12月

 
作品一覧へ戻る