日野の家 (previous page)住宅

模型写真

道路側(北側)上空から見た様子。手前の平屋と奥の2階建て部分がつながっている。
2階建て部分は、上梁が少しづつ勾配を変えて掛けられ、南側で最も天井が高くなっているのが分かる。

日野の家 模型写真

 

模型写真

西側上空からの俯瞰。模型で表わされている「柱」「梁」は、実際の建物でも内部に「現し」として見せられている。これらの柱梁の周囲を断熱材で覆い、その外側に外壁材が張り巡らされた。

日野の家 模型写真

道路側外観

外張り断熱の回りはセメント系のサイディングで包まれ、塗装された。
内部空間の形が、そのまま外形となっている。アプローチを奥に進み、入口に向う。

日野の家 道路側外観

アプローチを進む

アプローチ右側には杉塀、左側には平屋の壁があり、玄関まで導く。

南側奥の樹木の緑が目に入る。

日野の家 アプローチを進む

玄関

アプローチのコンクリート敷石が、玄関の内側まで伸び、「椅子座」の濃灰色の板間につながる。

日野の家 玄関

1階板間

椅子座の濃灰色の土間を進むと、35cm程高い位置に、智頭杉の「床座」の板間があり、そのまま外のデッキにつながる。さらにその奥には樹木の茂る庭がある。板間の手前の螺旋階段を上がると2階ホールにつながる。螺旋階段回りは大きな吹抜けとなっており、2階からの光を1階に導く。

日野の家 1階板間

板間(床座)

智頭杉の板間は、落ち着く空間である。庭のスモモやその外に繁る山桜、赤松、モミジ、ヤマウコギ、エノキやハゼノキなどが気持ちを和らげる。

日野の家 板間(床座)

2階ホール

少しづつ勾配を変える片流れの上梁、等間隔に並ぶ柱と、そこに組み込まれたトドマツ三層合板の厚い棚板が形作る力強い内部空間には、ハイサイドライトからの光が注ぐ。柱、梁、床板とも智頭杉で作られた。
この場所からも庭の緑が見える。

日野の家 2階ホール

内部空間

窓辺に座って、ついつい長居してしまう。

日野の家 内部空間

ハイサイドライト

少しずつ高さを変える屋根に合わせて、正方形のハイサイドライトが設置された。

日野の家 ハイサイドライト

階段の途中から、上下を見る。

下の方は、ダイニングキッチンとアプローチの様子、
上の方は、主寝室となる部屋の様子が見えています。

日野の家 階段の途中から、上下を見る。

吹抜けを見下ろす。

1~2階を結ぶ大きな吹抜けが、光を届け、家族のコミュニケーションを円滑にする。

日野の家 階吹抜けを見下ろす。

2階デッキ

板貼りのデッキの上に掛けられた庇は、外部の落葉樹とともに、夏場の日差しを遮り、冬場の日差しを採入れる装置として働く。

日野の家 2階デッキ

庭よりの外観

南側の庭からの外観。庭のスモモの木や家の庇が日影を作り、ここちよい光が家に注いでいる。

日野の家 庭よりの外観

住まわれてから

2階ホール横の本棚には、ご家族がお持ちの本が並んだ。2階ホールは、奥様の活動場所で机と椅子が置かれている

日野の家 住まわれてから

住まわれてから

その真下の1階も本で満たされている。板間で胡座を組んで本を読むのも楽しそう。

日野の家 住まわれてから

1階板間(椅子座)

椅子座の板間にはダイニングテーブルの他にソファーも置かれている。固定棚にはテレビや電話も置かれている。柱や間柱が、丁度良いブックエンドになっている。

日野の家 1階板間(椅子座)

1階浴室

浴室も南側の緑に面して清々しい場所となった。ここからも庭に出入りできる。

日野の家 1階浴室
作品一覧へ戻る