梅ヶ丘の家 (previous page)住宅

外観写真

道路から奥まった住宅へのアプローチ通路は、ごろた石埋込みの床・スチールやテントにてデザインされたフェンスなどに守られて、この建築に奥行きを与えています。路地状部分を持つ敷地の負のポテンシャルを正に変換するための工夫です。

梅ヶ丘の家 外観写真

吹抜部分

左は子ども室です。奥の光は上部バルコニーからの採光となっています。子どもの遊び場を広くするための工夫から、ご両親と相談して手すりの無い階段を採用しました。階段吹抜け上部のハイサイドライトよりの光が1階をも満たしています。

子供室の内部は畳敷きとなっており、布団を敷いて休みます。部屋には奥行きのある収納が十分に取られ、畳部分に物を置かずに済むように考えられました。

梅ヶ丘の家 吹抜部分

子供室

子ども室です。上部から自然光が入り、周囲を家々に囲まれた1階とは思えない明るさとなっています。3人が並んで座るスペースが、天窓の下に作られました。

梅ヶ丘の家 子供室

2階居間

段差を付けずに市松に敷き込んだ縁無し畳が居間の一部を占めています。普段は一体の空間として利用されますが、柱間に取り付けられたロールブラインドを下ろし、右手前に見える屏風(障子で作りました)を立て掛ける事により、六畳の和室として利用することも出来ます。

左奥に書斎コーナーが見えています。書斎の窓からは、この家のアプローチが見えるので来客の様子が分かります。さらに吹抜けを介して子供室の様子も分かります。

梅ヶ丘の家 2階居間

都市に住む工夫~旗竿型の敷地~

配置図

 

敷地は、前面道路より13m程引っ込んだ位置にあり、周囲を2階建ての木造住宅などに囲まれています。

 

35坪の敷地の約1/3の面積が、前面道路との接続のためのアプローチとなっています。
アプローチは庭と駐車場を兼ねたスペースとして整備しました。

 

1階は、個室に充てられました。

子供室は、バルコニーの一部を利用したトップライトと、階段上部より落ちる光で、両側から採光され、周囲を囲まれた家の1階とは思えない明るさになっています。

 

2階は、一固まりの空間となっています。畳のスペースは臨時の宿泊客のためにロールブラインドや屏風で簡易的に仕切る事もできます。

 

ご主人の場所である「書斎コーナー」は、外部アプローチの軸線上にあり、窓から外を見ると道路に視線が抜け、後ろを振り返ると、吹き抜けを介して1階の子供室、2階のキッチンや居間などを見渡せる、この家の要の位置にあります。

梅ヶ丘の家 配置図

断面図

周囲を囲まれたこの家のプライバシーを保ちながら、居間(2階)や子供室(1階)に光を入れる工夫がこの図から分かります。

 

光は、階段上部のハイサイドライトと目隠しフィルターの付いたバルコニーより入ります。

梅ヶ丘の家   断面図

設計概要

 所在地 : 東京都世田谷区
 主要用途 : 専用住宅
 家族構成 : 夫婦+子供3人 
 設計監理 : 荒木毅建築事務所
 構造・構法 : 木造軸組構法
 敷地面積 : 119m2(36坪)
 規 模 : 112m2(34坪)
 工事費 : 23,000,000
 竣工年 : 95年7月

 
作品一覧へ戻る