沿線の家住宅

沿線の家正面

沿線の家 線路側外観

線路からの騒音を防ぐため、道路に面した入り口以外はハイサイドライトの嵌め殺しの開口部のみが、線路側に面している。外壁は、ガルバリウム鋼板小波貼りとされた。

 

House along the railroad tracks

Only the entrance to the road and the opening of the high sidelights is on the side of the track. So noise from the railroad tracks is mitigated. The exterior walls are covered with galvanized steel sheets in small waves.

沿線の家西正面

沿線の家 高架との位置関係

西側正面は二階部分のみ奥まった位置に開口がある。この掃出し窓は一間半の建物の幅一杯に取られているが、右奥に見える白い三角の袖壁が水平に掛かる力を受けることで、構造的に成り立っている。

 

Location of the houses along the line

The west exterior has an opening on the second floor only. This sweeping window is installed to the full width of a 9 feet. The structure is received by the white triangular sleeve wall seen in the back right corner.

沿線の家外観01

沿線の家 道路角からの外観

外壁を包む小波板は角も別の部材を入れることなく連続して貼られている。

 

House along the line Exterior view from the street corner

The corrugated sheets wrapped around the exterior walls are continuously affixed to the corners without adding any other members.

沿線の家外観02

沿線の家 北側正面

二階建てだが、線路に面しているので高さ制限が緩くなり、背の高い建築とされた。

 

House along the line, north front

It is a two-story building, but because it faces the railroad tracks, the building was considered taller due to the looser height restrictions.

沿線の家外観03

沿線の家 外観

金属の冷たい壁にある開口部から漏れる光が、対照的な内部空間の温かみを見せている。

 

House along the railway line

The light leaking through openings in the cold metal walls shows the warmth of the contrasting interior spaces.

沿線の家土間02

沿線の家 内部

一階は土間空間となっている。玄関脇から鉄骨螺旋階段が二階に伸びている。

 

House along the railway line, interior

The first floor has an earthen floor. A steel spiral staircase extends from the side of the entrance to the second floor.

沿線の家土間

沿線の家 内部

外部とは対照的に、内壁は飫肥杉現しとされ、構造用合板がむき出しに貼られている。左側は引戸だが、これも構造用合板にて作られた。大きな吹抜けが1階と2階をつなぐ。

 

House along the railway line, interior

In contrast to the building’s exterior, the interior walls are covered with exposed Obi cedar and structural plywood. The sliding door on the left is made of structural plywood. A large atrium connects the first and second floors.

沿線の家和室

沿線の家 内部

1階階段の奥は小上がりの和室となっている。

 

House along the railway line, interior

Next to the first floor staircase is a Japanese-style room.

沿線の家キッチン

沿線の家 内部

玄関の土間はダイニングともなっており、その奥にキッチンがある。

 

House along the railway line, interior

The earthen floor of the entrance hallway serves as the dining room and there is a kitchen at the back of the room.

沿線の家水回り

沿線の家 内部

土間横の木製引戸を取って水回り空間と収納を見る。床は土間。壁は、構造用合板の壁とガルバリウム鋼板の貼られた水回りの壁の二種類の壁で作られている。天井の白い部分上部は二階デッキとなっている。

 

House along the railway line, interior

Take the wooden sliding door next to the mudroom to see the water space and storage. The floor is an earthen floor. The walls are made of two different types of walls: structural plywood and galvanized steel walls for the water area. There is. The upper part of the white part of the ceiling is the second floor deck.

沿線の家階段

沿線の家 内部

小さな面積の中に居住空間を作るため、玄関と階段室とダイニングが同じ床を共用している。

 

House along the railway line, interior

In order to create living space in a small area, the entrance, stairwell and dining room share the same area.

沿線の家吹抜け

沿線の家 2階

二階の天井近くより吹抜けを介して1階土間を見ている。左側に屋上デッキ、前方に隣地の緑が見える。

 

House along the line, second floor

Looking at the first floor mudroom through the atrium from near the ceiling on the second floor. You can see the rooftop deck on the left and the greenery of the neighbouring land in front.

沿線の家リビング
沿線の家 2階

二階は一間半の幅の細長い空間で、リビングに使われている。南側の屋上デッキに広く開口している。

二階の天井を高く取り、小さな部屋でも狭さを感じない工夫としている。

 

House along the line, second floor

The second floor is a long, narrow space, one and a half feet wide, used for a living room. It opens wide to the rooftop deck on the south side.

The ceiling of the second floor is raised to make the small room feel less cramped.

沿線の家リビング02

2階上部より水平方向に見る。

細長いハイサイドライトからの光が、構造用合板を貼られた内壁にすっきりとした表情を与えている。

 

Looking horizontally from the top of the second floor.

The light from the long and narrow high sidelights gives a clean look to the structural plywood-laminated interior walls.

沿線の家デッキを見る

沿線の家 内部

建蔽率・容積率は法規一杯に作られたが、容積率の小さな地域なので、一階の屋上をデッキとして活用した。手すりを兼ねた縦格子の背を高くして、周囲に密集する住宅との間の視線の交錯を和らげている。

 

House along the railway line, interior

The building-to-land ratio and floor-area ratio were built to the fullest extent of the laws and regulations, but since it is a small area with a small floor-area ratio, the ground floor rooftop is a deck. It is used as a Raising the height of the vertical lattice, which also serves as a handrail, to soften the intersection of lines of sight with the surrounding houses.

沿線の家内部横正面

沿線の家 2階

飫肥杉の手すり、柱・梁と、構造用合板の壁。ハイサイドライト。椴松三層パネルの床。

 

House along the line, second floor

Obi cedar railings, columns and beams, and structural plywood walls. High sidelights are placed on the top. The floor is covered with Todomatsu 3-layered panels.

沿線の家南側外観

袖壁詳細

白い三角の袖壁が、地震力を地盤に伝える。

 

Sleeve Wall Details

A white triangular sleeve wall transmits seismic forces to the ground.

沿線の家デッキ夕景

沿線の家 夕景

屋上デッキより内部を見る。南側のハイサイド窓の一部は開けることが出来るので、内部に上下の換気をすることができる。

 

House along the railway line Evening view

View of the interior from the rooftop deck. Some of the high side windows on the south side can be opened to allow upper and lower ventilation inside.

沿線の家床収納

2階床

二階の床は、細かく外すことが出来る。その下を収納として使っている(構造的には収納の下の床が構造床である)。床下に様々なものを収納することにより、床の上にタンスなど置く必要が無いので、一間半の幅を有効に使うことが出来、リビングの広さを確保している。

 

Second floor

The floor upstairs can be removed in small pieces. The floor underneath it is used as storage (structurally, the floor underneath the storage is the structural floor). By storing various items underneath the floor, there is no need to put a chest of drawers, etc. on the floor, so the width of 9 feet to make the best use of the living room space.

「沿線の家」は旧ホームページにも掲載されています。

 

You can find “Houses Along the Line” on the old website. ↓

https://www.t-araki.co.jp/old/03_works/01_jutaku/kichi/index.html

作品一覧へ戻る