雪が谷の家 (previous page)住宅

道路側外観

線路脇の60坪の敷地に建つ木造3階建ての二世帯住宅です。
道路から見ると、2階玄関へのアプローチである外部デッキが、道路とこの住宅の、あいまいな仕切りになっている事が分かります。1階に和室、3階に各個室が見えます。周囲の背の高いマンションが背後に写っています。

雪が谷の家 道路側外観

2階デッキより見る

2階へのアプローチの外部デッキの南西側に立って、住宅を眺めてみます。
鉄骨製デッキに敷かれたセランガンバツ(木の名前)、カナダ杉の手すりやバルコニー、アルミパネルで作った庇などが見えます。庇の下に2階の玄関があります。
2~3階の建物の仕上げは、ジョリパット(吹き付け材)とガルバリウム鋼板が交互に表れています。
2~3階が子世帯の住宅、1階が親世帯の住宅です。1階手前の和室は、親戚が集まるときにも利用できる広さになっています。2階は東西に細長い居間、3階は個室です。居間の上のところどころに個室が乗っているのです。
2階居間の前には、建物の幅いっぱいにバルコニーが設置されており、3ヶ所ある居間の掃出し窓のどこからでも出たり入ったりできます。

雪が谷の家 2階デッキより見る

夜景

窓から洩れる明かりで、1間半ごとに壁と開口部が繰り返しているのがよく分かります。照明は白熱灯を使っているので、とても温かみがあります。
2階は一つながりの居間ですが、3階はそれぞれの明かりが子供室です。子供室と子供室の間の奥にもほんのりと明かり窓が見えますが、これは、3階通路アルコーブへの明り取り窓です。

雪が谷の家 夜景

玄関

玄関の引き戸と玄関内側の障子を開けると、外部と開放的に繋がります。
玄関叩きの外、茶色く見えるデッキが、2階へのアプローチのための外部デッキです。左の窓のすぐ外側には、居間に付属するバルコニーの一部が見えています。
デッキの外に見えている土手は、池上線の線路です。雑草ですが心地の良い緑が目に飛び込んできます。

雪が谷の家 玄関

居間より玄関方向を見通す

南側(左側)に窓を持ち東西方向に細長い、真っ直ぐの空間を有効に使った2階居間(家族室)です(正面の開口部は玄関引戸)。
床はポプラ相決り貼り、壁はシナ合板と塗装の1間半ごとの繰り返しとなっています。
3階の個室(子供室)が2階の上に乗っている様が分かります。子供室にはガラス製の小さな小窓もついています(子供室の乗っていない部分は吹抜けとなっています)。
手前のオリジナルのテーブルもポプラ製です(椅子はアリンコチェアー)。

雪が谷の家 居間より玄関方向を見通す

ダイニングと上部アルコーブ

2階居間と3階個室は、吹き抜けにあるアルコーブを介してつながっており、家族のコミュニケーションがとりやすくなっています。
この様に、居間は水平方向に長く伸びながら、垂直方向にもところどころで伸びた形になっています。

雪が谷の家 ダイニングと上部アルコーブ

3階線形通路

3階の通路にある、図書コーナー(アルコーブ)には上部から光が降り注ぎます。右下に、家族室(居間)が見えています。
この光は、吹抜けを介して、2階の居間にも回ります。
2階の居間は、南側の光を、前面の窓と背面の吹抜けの両方から受けることになります。

雪が谷の家 3階線形通路

線形の二世帯住宅

建主からの希望は、まず、2世帯住宅とすることでした(その際、室内での行き来は出来なくても良いとの事でしたが、近くに住んでいると考えれば、お互いの家族のまとまりが出来るので、その方が良いかも知れません。二世帯住宅にはいろいろな考え方があって良いのだと思います)。

 

子世帯は夫婦と2人の子供の4人家族ですが、ここでは家族間のコミュニケーションを重視して欲しいとのこと。また、親世帯は夫婦2人ですが、ここでは、お客さんを呼べる広い和室と夫婦だけのプライベートな部分とに分けたいとの事でした。和室は、茶室としても正式なものとしたいとの希望がありました。

 

敷地は西側に前面道路をもち,北に向かって緩く下っています。周辺は東と北をそれぞれ9階と5階建てのマンションに囲まれ、南側は地盤が少しずつ高くなる上に木造2階建ての住宅が連なっています。西側は道路を隔てて東急池上線の線路とその土手に面しており、この鉄道施設が周辺の雰囲気をつくり出しています。

 

 

いくつかの案を考えましたが、建て主との打ち合わせと事務所でのスタディを重ねた結果、主に1階の日照を重視して、北側に寄せた3階建ての細長い「線形案」を採用しました。

雪が谷の家 線形の二世帯住宅

設計概要

所在地 : 東京都大田区
主要用途 : 専用住宅(二世帯)
家族構成 : 両親+夫婦+子供2人
設計監理 : 荒木毅建築事務所
構造・構法 : 木造軸組構法
敷地面積 : 200m2(61坪)
規 模 : 209m2(63坪)
工事費 : 45,000,000
竣工年 : 98年7月

 
作品一覧へ戻る