鵠沼の家 (previous page)住宅

南側外観

1階の容量の大きな空間に、2階の空間が貫入した形態をしているのが分かります。迫り出した2階の下はピロティとなっていて、玄関の庇がわりにもなっています。
道路から玄関までは、豆砂利洗い出しのスロープを通ってアプローチします(車をとめることも出来ます)。テントで作った目隠しフェンスやプラントボックスも見えます。これからプラントボックスの植栽が増えてくるのが楽しみです。
外壁は、2階部分がガルバリウム鋼板、1階部分がざらざらした鏝塗り仕上げ。屋根がギザギザしているのは、道路斜線や北側斜線と言った法規上の制限をクリアーしながら、充実した内部空間を得るために、梁のかけ方を少しづつ変えて、屋根勾配に変化をつけているからです。

鵠沼の家 南側外観

1階居間

障子の向こうに、玄関から続く細長い土間が見えます。そのむこうの白い布はロールブラインド。
階段を上り右にギャラリーを行くと寝室。ギャラリーの手すり壁の裏側は本棚になっています。
エアコンは階段下や壁に埋め込まれています。照明は手の届く位置に、ダウライトとスポットライトを使い分けています。
床はチーク材、壁はシナ合板と石膏ボード塗装仕上げを使い分けています

鵠沼の家 1階居間

1階居間・食堂

1階部分の気積は大きく、寝室と居間を行き来する度、毎日知らず知らずのうちにこの空間を体験します。
瓢箪形のテーブル・キッチン家具収納は作り付けとしました。アリンコチェァーも家のイメージに合わせて建て主と一緒に選びました。

鵠沼の家 1階居間・食堂

1階居間

天井の高い居間です。居間の北側には大きなバルコニーがあります。2階へ上る階段が正面に見えています。床にはチークのフローリングが貼られました。

鵠沼の家 1階居間

2階寝室

寝室は、勾配の変化する「登り梁」に特徴づけられたダイナミックな空間です。
写真には写っていませんが、天井が高くなった部分には、ロフトも作られています。写真中央付近、戸袋から障子を引き出すと簡易的に2室に分けることもできます。
右側の板戸は壁面収納となっており一部にエアコンや引き戸が埋め込まれているのが分かります。置いてある照明器具は、イサムノグチのデザインによるものです。

鵠沼の家 2階寝室

外観(部分)

外観の写真に戻ります。
緩やかなスロープを上がって入り口に至る部分が写っています。2階寝室を支えるV字形の柱は鉄骨で作り、ピロティが壁により閉じられた空間になるのを避けました。

鵠沼の家 外観(部分)

知らず知らずのうちに、内部空間を体験する家

1階にLDKが配置されたのは、お料理の得意な建主が、将来はお客様を呼んで簡単な「料理教室」など開く計画などがあるからです。
ある程度パブリックな場としても使える1階です。
プライベートな場である寝室とバスルーム+ロフトは2階に配置されました。

 

この上下の空間(2階と1階)を、90度ずらして重ねてみました。
ここに、迂回して上下階を結ぶ通路(階段+ギャラリー)を付けてみます。

 

これで、1階と2階は適度に分離されました。
また、通路が回っている空間が大きな吹き抜けとなりました。

大きな吹き抜けを介して、寝室と居間を結ぶ通路を通りながら、知らず知らずのうちに充実した内部空間を体験する家の出来上がりです。

鵠沼の家 立面図

設計概要

 所在地 : 神奈川県藤沢市
 主要用途 : 専用住宅
 家族構成 : 夫婦+子供2人
 設計監理 : 荒木毅建築事務所
 構造・構法 : 木造軸組構法
 敷地面積 : 100m2(30坪)
 規 模 : 73m2(22坪)
 工事費 : 20,000,000
 竣工年 : 97年1月

 
作品一覧へ戻る