CH5 (previous page)コートハウス

玄関夜景

玄関引戸の内側から白熱照明の温かみのある光が漏れています。左側の白い部分は漆喰塗りの戸袋です。玄関と居間を隔てる大きな引戸をしまい込むことができます。
上部にCHの特徴である、片流れ屋根の南側ハイサイドライトが見えています。

CH5 玄関夜景

居間

玄関土間と畳敷きの居間に35cmの段差をつけ、客が腰掛けられるようにしました。CH5は建て主のご希望で、ほとんどの居室を畳敷きとしています。土間と畳の間は引戸で仕切ることもできます(上の写真では引戸は玄関の戸袋に仕舞われて見えません)。

 

居間の左側にキッチンがありますが、ここは一段(50cm)低くなっており、キッチン側で椅子・居間側で座卓としても利用できる配膳カウンターが設置されました。正面の明るい部分は中庭です。

 

南側からの太陽光が、居間上部のハイサイドライトより降り注いでいます。

CH5 居間

中庭

中庭の周囲を居間が囲んでいます。ソファーの置いてある部屋の上も屋上となっておりデッキが敷かれています。上下のデッキを利用しての家族の楽しい活動が想像できます。

 

居間上部のハイサイドライトが左側に見えています。実は、写真に写っていない右側の階段の先にもう一つ中庭があります。

CH5 中庭

中庭夜景

ぼんやりと青白く右手前から奥に斜めに上がっているのが階段。階段下もホールにして、居室が中庭を囲う構成にしました。カーテンを閉めなくとも、ご近所に気を使うことなく過ごすことができます。

CH5 中庭夜景

東側外観

階段をはさんだもう一つの中庭には植物が植えられました。ここは2階建ての個室の前庭となっています。南側の浴室を平屋としたので1階個室にも十分に光が射し込んでいます。

 

左側から浴室-中庭(奥に階段)-2階建ての個室

CH5 東側外観

CH5

東西に長い敷地に建つ、2つの中庭を持つコートハウスです。

 

西棟・中庭・東棟のそれぞれの部分で、南からの太陽光線の取り入れを有効にする工夫がされています。
建物は平屋建て一部2階の構成となっており、東側の2階建の棟は個室となっています。
西棟の、デッキのある中庭を囲む部分は居間として使われています。
中庭(1)、中庭(2)、2階デッキが視覚的にもつながり、ここに面して大きく開かれた居間や個室を結びつけています。

 

3枚引き戸を多く用い、居間やホールを分割したり広げたり、個室を拡大したりできる事とし、いろいろな活動に対応出来るように工夫しました。

CH5

 

CH5

設計概要

 主要用途 : 専用住宅
 設計監理 : 荒木毅建築事務所
 構造・構法 : 木造軸組構造平屋1部2階建て
 敷地面積 : 313.53m2
 建築面積 : 133.32m2
 1階面積 : 131.68m2
 2階面積 : 23.19m2
 延床面積 : 154.87m2

CH5

 

作品一覧へ戻る