OKU~奥行きのある敷地に建つ家~ (previous page)住宅

道路側外観

板橋区内の小さな商店街からほど近い住宅地。南側を4mの幅員の道路に接しています。
南北に細長い、奥行きのある敷地に建っています。平らな屋根、片流れの屋根が交互に奥まで続いているのが分かります。

OKU 道路側外観

南側外観(部分)

ハイサイドライトやスリット窓が壁に設置されています。2階バルコニーにはスチール階段が掛かり3階デッキに上れる様になっています。

OKU 南側外観(部分)

土間より奥を見る

道路側に突き出した四角い部分の1階は土間です。ここは玄関を兼ねた広間で、道路側からも右の駐車場側からも出入りする事ができ、半外部空間の様な趣があります。
土間と居間(床が白いタイル張りの空間)との間には引戸があり、写真の様に一体の空間として使う事も、区切って使う事もできます。

OKU 土間より奥を見る。

居間

居間の床は白いタイル敷きとされました。木製階段の掛かる吹抜け、天井手前に見える吹抜けや奥に見える中庭などを介して、上部のハイサイドライトなどから採入れた光が1階の居間にも差し込みます。
2階を支える柱が等間隔で並び、見た目にも居間の空間を引き締めています。
土間があって、居間があり、その奥に中庭、さらにその先に居室と続く空間構成は、この敷地の特徴を生かした奥行きの感じられるものとなっています。

OKU 居間

居間より土間方向を見返す

居間と土間の間にキッチンがあります。土間との間は戸を引いて閉じる事も可能です。白とシルバーと木の色のコントラストが綺麗です。

OKU 居間より土間方向を見返す。

キッチン

キッチンは、奥様の使い勝手に合わせてシンクや収納の位置が決められ、ステンレスとガルバリウム鋼板で作られました。中央の四角い箱は、引き出しや扉の収納部分と椅子に座って作業できるカウンター部分が組み込まれています。
昼間はキッチン上部の吹抜けより太陽光が注ぎます。

OKU キッチン

中庭より居間、さらに土間を見る

中庭にはカナダ杉のデッキが敷かれ、全開口のサッシュが付けられました。
中庭を介して、1階と2階がつながっています。

OKU 中庭より居間、さらに土間を見る。

中庭に面する浴室

先ほどの眺めから首を右に少し傾けると、浴室が見えてきます。中庭は浴室の前庭ともなっていたのです。
上を見ると赤い扉と木で出来た棚板が見えます。赤い扉の内側はトイレです。

OKU 中庭に面する浴室。

2階和室より吹抜けを介して奥を見る

2階の床は、パインのムクフローリングが敷かれています。右手前手摺りが回っている部分は1階キッチン上部の吹抜けです。和室上のハイサイドライトよりの南の光を1階に届ける役目を果たします。また、1階と2階の家族の会話を可能にします。
写真手前左に写っているカウンターテーブルはご主人のための書斎コーナーです。
奥に見える窓の向こうは中庭、その更に奥が子供室となっています。

OKU 2階和室より吹抜けを介して奥を見る。

2階居間より南側ハイサイドライトを見る

2階居間より和室の方を見返しています。和室と居間の間には1階に光を届ける吹抜けや階段の吹抜けがあります。和室の扉は引戸なので、写真のごとく2階居間と和室をつなげて使う事もできます。
ハイサイドライトからの光は、2階に注ぎ、吹抜けを通って1階にも達します。

OKU 2階居間より南側ハイサイドライトを見る。

2階子供室より2階居間を見る

中庭の周囲はサッシュとなっています。その向こうに2階居間、更に奥に和室があります。
子供室は、中庭を介して1階居間ともつながります。 

OKU 2階子供室より中庭を介して2階居間を見る。

2階居間より中庭を介して子供室を見る

子供室の天井がスノコになっているのは、ここがロフトだからです。ロフトには上部の横長のハイサイドライトより採光します。
中庭を介して下を見ると、畳の敷き込まれた主寝室がみえます。この様に、1階と2階は、中庭を介してつながっており、家族の気配を感じる事ができます。

OKU 2階居間より中庭を介して子供室を見る。

設計概要

南北に細長い、奥行きのある敷地です。南側の幅員4mの道路に接しているのは6m程ですが、敷地の南北の奥行きは18・5m以上あります。
この敷地の「奥行き」という特徴を活用して、光を採入れながらプライバシーを確保し、のびのびとした、家族のつながりの保てる空間を作ろうと考えました。

 

そのために、1階では土間-居間-中庭-和室、2階では和室-吹抜け-居間2-中庭-子供室と言うように、奥にいくつもの空間を重ねながら、その間に中庭や吹抜けなどの「空」の空間を嵌め込んで、光やプライバシーやのびやかさを獲得しています。

 

土間は、この住宅と道路(外部環境)の間の媒介空間として、外部的にも内部的にも使える空間としました。
中庭は、居間と個室の間にあり、住宅の内のパブリックな場とプライベートな場を曖昧につないでいます。中庭を介して、1階の居間と2階の個室もやわらかくつながり、どこにいても家族の気配を感じる事のできる内部空間となっています。
キッチンは、奥様の活動しやすい配置とするため全ての家具が製作されました。
浴室は、中庭に面しており、周囲の目を気にせずに外部空間を楽しむ事ができます。
部屋と部屋の間は引戸で仕切られているので、一体として使ったり閉じて使ったりと、いろいろな使い方ができます。

 

2階にも居間があり1階もLDKですから、この家の中央部は居間になっています。これにより全ての部屋が居間と隣り合う事となり、個室に居ても家族の気配を感じ、家族と触れ合う事のできる空間構成になりました。

OKU 設計概要

設計概要

 建築用途 専用住宅
 主体構造 木造軸組工法 地上2階
 敷地面積 115.72m2
 建築面積  64.60m2
 延床面積 117.91m2
 2006年2月完成

 
作品一覧へ戻る