UDT (previous page)住宅

玄関廻り

古くからこちらにお住まいのご家族の住宅を建て替えました。広い敷地に恵まれています。玄関へは南側の庭を通ってアプローチします。

UDT 玄関廻り

南側外観

中に南側の庭よりUDTを見ています。広い濡れ縁と横一杯の掃き出し窓。上部は、左右が2階個室で、中央の高い部分が吹き抜けの明かり取りとなっています。

UDT 南側外観

濡れ縁を西側より見る。

濡れ縁の奥行は一間あります。右側(南側)は庭となっています。樹木はできるだけ手を付けませんでした。庭の緑は、住宅内部からも楽しめます。

UDT 濡れ縁を西側より見る。

玄関に入る。

玄関より居間を見ています。手前に階段が一部見えて、その向こうは居間です。

UDT 玄関に入る。

居間より庭方向を見る。

吹抜け上部より太陽光が入り、1階の掃き出し窓の向こうには、庭の緑が見えています。鉄骨で作られた細い階段は、吹抜けを通って2階ホールとつながっています。

UDT 居間より庭方向を見る。

和室より見る。

居間と和室は、引込み障子で仕切られているので、開け放つと写真のように一つながりの空間となります。右側の収納壁の向こうは、書斎・家事室やキッチンなどに使われています。

UDT 和室より見る。

設計概要

南側に既存の広い庭があり道路側に多くの木々が育っています。この庭に面して、広い濡れ縁を作り、高さを抑えた深い軒で覆いました。この濡れ縁一杯に、引違いサッシュが面しています。

 

居間は南北に長いので、大きな吹抜け上部のハイサイド窓から、南の光を奥に届けることにしました。
南北に、庭ー縁側ー居間ー和室ー裏庭とつながる平面構成となっています。
居間の奥にある和室は、引込み障子を開けば居間と一体の空間となります。
和室は、南側の濡れ縁に接した空間と同様に天井高を抑えて、天井の高い吹抜け部分と対照させ、大きな居間の空間に変化を付けています。
内部にある引戸を活用して、居間を区切って応接に使ったり、広げて一体に使ったりする事もできます。居間の両側(東西)は、1,2階とも、個室、収納、キッチンや浴室などに使われています。

 

広い敷地を利用して、南の庭から、縁側ー居間ー和室を通って裏庭とつながり、変化のある天井高を持ったこの住居の特徴は、外観にも内部空間にも、ダイナミックな印象を伴って表出されています。

UDT 設計概要

現場の様子

 

 

UDT 現場の様子

設計概要

 建築用途 専用住宅
 主体構造 木造軸組工法 地上2階
 敷地面積 565.67m2
 建築面積 134.53m2
 延床面積 199.97m2

UDT
作品一覧へ戻る