BENT (previous page)住宅

北側外観

隣の敷地から見た外観です。東南西は他の建築が迫っていますが、北側は隣地のお寺の通路となっており、視界が開けています。
各階、南北面に開口部を取り、東西側を壁面としています。長手方向の南北に視界が抜け、北側の横一杯の窓から景色を取り入れます。東西の壁面にはところどころに縦長のスリット窓が開いており、どの方向からも風が抜ける工夫としています。

BENT 北側外観

南側外観

南面もコンクリート打ち放しによる、力強い外観となっています。
南側の前面道路の幅は2.7mほどしか無く狭いですが、1階を2・3階より後退させて、駐車スペースを確保するとともに、玄関までの多少の引きも作っています。

BENT 南側外観

1階和室より土間を見る。

和室入り口は引込み障子として、土間に大きく開くようにしました。階段吹抜けより光も差し込み、また2階とのコミュニケーションも確保できます。
和室を個室としてだけでなく、土間や2階と一体として活用することも可能です。

BENT 1階和室より土間を見る。

2階居間

北方向を見ています。アイランド型のキッチンと手前に螺旋階段が見えています。横一杯に窓が広がっています。
南北に長い敷地なので、南側からの採光だけでなく、中央付近に開けた吹抜け上部のトップライトからも光が入ります。この吹抜けは3階子供室と2階居間を適度につなげる役割も果たしています。

BENT 2階居間

螺旋階段

階段吹抜け上部よりの太陽光が壁に光の帯を落としています。コンクリートと鉄と木の組み合わせは、力強く存在感がありながら、素直で質素な仕上がりとなっていると感じます。

BENT 螺旋階段

屋上夜景

屋上は、スポーツ好きの建て主家族の屋外活動の場です。敷地面積が大きく無く、庭を作ることの出来ない都市型住居では、屋上の活用は有意義です。
夜は写真の様に、階段室がぼんぼりのように輝きます。

BENT 屋上夜景

設計概要

東京都新宿区の建て込んだ住宅地に建つ、鉄筋コンクリート造3階建ての二世帯住宅です。
この辺りは、江戸時代は寺町で、今も周囲にいくつかの寺が残っています。この住宅の北側は、寺の参道になっており視界が開けています。敷地は長方形で、南北が長手方向となっています。

 

南側・北側は建物幅いっぱいの開口部とし、眺望を上手く取り入れながら、視線の抜ける閉塞感の無い内部空間としました。
2階の居間・食堂を中心に、1階と3階に個室が配置されています。2階と他の階は、階段吹抜けや床に開けた穴によってつながり、家族の気配が感じられるとともに、屋上のトップライトよりの光を下階でも享受できる工夫となっています。
部屋と部屋のつながりを重視して、引戸を多用しました。和室と土間は一体としても、別の部屋としても活用できます。

 

スポーツ好きのご家族で、屋上でトレーニングをされたり、2~3階の穴(吹抜け)を利用して、コンクリート打放しの壁面にウォールクライミング用の色とりどりのホルダーを埋め込み、壁を上り下りされています。

BENT 立面図

設計概要

 建築用途 専用住宅
 主体構造 鉄筋コンクリート造3階建て
 敷地面積 59.25m2
 建築面積 39.53m2
 延床面積 114.80m2

BENT 壁で遊ぶお子様達
作品一覧へ戻る