CH9 (previous page)コートハウス

東側遠景

茶畑の中にあるCH9(中央の黒い建築)。遠くから見ると、抑制された高さの、素直な空間の箱として作られた形の特徴が分かりやすいと思われます。この環境に適している形だと感じられます。

CH9 東側遠景

東側外観

少し近付いてみます。よく見ると、南(左側)からの太陽光を家の隅々に取り入れるための形をしているのが分かります。

 

南に隣家が迫っていますが、CH9の南棟(左の片流れの棟)は高い位置に窓があるので、採光を十分に得られます。また、北棟(右の四角い棟)では、南棟の軒の北側が低い事と中庭を挟んでいる事により、1階にも十分に光が入ります。

CH9 東側外観

西側外観

西側道路に面して出入り口があります。左側の北棟が2階建て、右側の南棟は平家です。
南棟手前はお父様のアトリエで、陶芸のための作業場となっています。まん中の部分が玄関でその奥に中庭があります。

CH9 西側外観

居間

居間は中庭とつながり、その向こうの部屋ともつながっています。階段周囲にある大きな吹抜けを介して、2階の部屋ともつながります。

CH9 居間

中庭

中庭の東・西・南の部分は軒が低いので、中庭は明るく、日が射込みます。

CH9 中庭

中庭

中庭は、2階のデッキともつながっています。

CH9 中庭

2階デッキより中庭を見る

中庭は、この様に周囲が広く建物の少ない環境では、家族を守る優しい外部として、都市の住宅地とは違った意味で、生活に欠かせない空間となるでしょう。

CH9 2階デッキより中庭を見る

2階デッキ

2階デッキは2階の居室や1階の中庭とつながっています。また、ここに出ると、周囲に広がる茶畑を一望することもできます。

CH9 2階デッキ

CH9

広い茶畑の中に建つ二世帯住宅である。居間などの家族のための空間を中庭の周囲に設け、個室はそこに接続する事とした。陶芸のための作業場が、道路に近く居間とは中庭をはさんだ位置に作られた。

 

同じCHでも、過密な都市の住宅地に建つ場合とは異なる現れ方をするようだ。
簡潔な形体が周囲の住宅の陰に隠れる事なく全貌を表す。
抑制された大きさ(高さなど)、内部空間の形がそのまま素直に表れている外部形体、光の取り入れが全体のリズムになった特徴的な幾何学形が、全体として質素な印象を与える。
これらは人間に例えれば、贅肉をそぎ落としたスリムな身体のようにも感じられる。

CH9

設計概要

 主要用途 : 専用住宅
 設計監理 : 荒木毅建築事務所
 構造・構法 : 木造軸組構造2階建て
 敷地面積 : 251.23m2(76.00坪)
 建築面積 : 122.85m2(37.16坪)
 1階面積 : 119.53m2
 2階面積 : 45.14m2
 延床面積 : 148.13m2(44.81坪)

 
作品一覧へ戻る