Works

住宅(土間のある家など) コートハウス 共同住宅、
宿泊施設
商業施設 北海道での仕事 全て表示

↑ 文字をクリックするとそれぞれのコーナーのみ表示します。

片瀬山の家2 (previous page)
住宅

住まわれた後の"片瀬山の家(丘の上の家)"の様子です。旧ページでご覧ください。 This is a picture of the "House on the Hill" after it was moved in. Please see the old page.

日野の家 (previous page)
住宅

内部は智頭杉現し、窓から見える緑を借景にした家です。旧ページでご覧ください。 The interior of the house is made of a Chizu-cedar tree and the greenery seen from the windows is a borrowed landscape. Please see the old page.

矢来の家/減築 (previous page)
住宅

都心に建つ古い家を、過去の記憶を残しながら「減築」して、木々を植え庭を作った、夫婦二人のための住宅です。旧ページでご覧ください。 An old house in the heart of the city has been "reduced" to a house for two people, planted with trees and a garden, while retaining the memories of the past. Please see the old page.

上石神井の住宅 (previous page)
住宅

戸を開けて中に入ると、長い土間の空間があり、入り口と建築本体を結びつけています。細長い土間には、両側のスリットから光が差し込みます。旧ページでご覧ください。 As you enter through the door, there is a long earthen floor space that connects the entrance to the main body of the building. Light pours in through slits on both sides of the long, narrow earthen floor. Please see the old page.

CH6-2 (previous page)
コートハウス

CH6(コートハウス#6)の生活の様子です。旧ページにてご覧ください。 This is a look at life in CH6 (Courthouse #6). See it on the old page.

CH8 (previous page)
コートハウス

郊外の住宅地に建つ、平屋のコートハウスです。旧ページでご覧ください。 This is a single-story court house in a suburban residential area. See it on the old page.

Delta House (previous page)
共同住宅、宿泊施設

2006年の指名コンペに提出した集合住宅案です。旧ページでご覧ください。 This is a proposal for a housing complex submitted to the 2006 nomination competition. See the old page.

Bar Itohya (previous page)
商業施設

東京都杉並区荻窪にあるBarの内装です。旧ページでご覧ください。 This is the interior of the Bar in Ogikubo, Suginami-ku, Tokyo. Please see the old page.

Bar Holic (previous page)
商業施設

高田馬場のバーホリックが、近くに移転する事になったので、店の正面および店舗内の内装を設計しました。旧ページでご覧ください。 Bar Holic in Takadanobaba is moving to a new location nearby, We designed the front and interior of the shop. Please see the old page.  

・住宅作品集(土間のある家)

太陽光の採り入れが工夫された形体の建築、家族での生活を重視した空間構成の住宅の実例をご覧下さい。

ほとんどの家は土間空間を持ちます。「土間」は家によって使われ方が異なっている様です。通り土間、作業場、応接間、等々様々な使わ方がされています。

今後は太陽光の採り入れを一歩進め、太陽光(太陽熱)を制御して活用するパッシブな手法を建築の構成に生かして行きます。

余談ですが、アントニン・レーモンドの建築が好きです。簡潔・直截な建築を心がけております。私どもの設計した建築は、東京都内近県に建つものが多いですが、故郷の北海道など、少し離れた敷地での設計もしております。

写真撮影:CH11は石井雅義氏、ヒナダンノイエとKさんの家は田伏博氏、片瀬山の家2は黒住直臣氏、沿線の家の一部は野口毅氏、普通の家4は淺川敏氏、桜を見る家は冨田治氏、その他は篠澤裕氏(北海道の建築とCH9を除く)。

・中庭のある家(コートハウス)

CHシリーズは、中庭のある家(コートハウス)です。光の採り入れを工夫した外観、ゆったりと過ごせる「中庭」は、居間での家族の生活の中心ともなっています。

周囲の環境の変化をもろともせず、自力で光を採入れるかたちのコートハウスは、通風にも配慮が施されています。

中庭はプライバシーを確保された外部として、生活に溶込んでいます。

写真撮影:CH11は石井雅義氏、その他は篠澤裕氏(北海道の建築とCH9を除く)。

・共同住宅、宿泊施設

共同住宅(集合住宅)とユースゲストハウス(宿泊施設)の実例、および指名コンペの提出案を載せています。

写真撮影:Y's Houseは藤塚光政氏。Randam House、Delta House、LOPは篠澤裕氏。

・商業施設

店舗のインテリアなどの実例を載せて行きます。

まだ実例数は少ないですが、商業施設でも良いものを作って、ページを充実させて行きたいと考えています。

・北海道での仕事

東京近郊にお住まいになられていて、将来は北海道や東北に移住しようとお考えの方や、北海道ご出身で定年後は帰ろうとお考えの方への提案です。
北海道や東北の積雪寒冷地での建築には、高気密高断熱の知識と設計の経験が必要だと考えております。私どもは、現在本拠地を東京に置いておりますが、北海道にて積雪寒冷地に関する建築の教育を受け、いくつかの建物を設計して参りました。
現在、東京・神奈川・埼玉・千葉など、北海道から離れた地域にお住まいで、住宅の建築を北海道や東北でされようとお考えの方にとっては、設計の打合せを今のお住まいの近くで行い実際の工事は北海道や東北の工務店にお願いする方法があれば、とても便利だと思われるのではないでしょうか。
建て主様と私どもは、東京にて打合せをして設計を進め、私どもが現場監理に北海道に参ります。