Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 富士吉田の家


富士吉田の家


山梨の外断熱の家
窓はペアガラスの寒冷地用サッシュとし、大開口部には明障子を設置した。太陽光を制御するために、庇や格子戸を設置し、夏は日差しを遮り冬は採り入れる工夫をした。居間に設置された北側ハイサイドライトは、夏場の熱気を抜く工夫ともなっている。




南側外観全景
富士吉田市の、農地から住宅地に変りつつある敷地にあるご両親のための住宅です。ちょうど真南の方向に富士山を間近に見る事ができます。敷地南側はまだ空地で、一部作物を栽培しています。北側には鉄筋コンクリート造の2階建ての寮が建っています。

住宅は北側に寄せられ、東西に敷地一杯に長いプランとし、南の敷地に住宅が建った後も、南側からの光を取り入れる工夫としています。大屋根は、南側では大きな庇となって水平に伸びています。

向かって1階左側は濡れ縁を介して明り障子のある居間など。中央の玄関部分を挟んで右側はアトリエと駐車場となっています。
このアトリエは、ご主人の作業場ですが、将来は東京で構造設計事務所を開いている息子さんの事務所分室としての利用も考えられている様です。
2階には、子供たちの家族が泊まることのできる部屋が、吹抜けを挟んで二つ設えられています。




住宅作品のインデックスへ 次のページへ

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.