Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 桜を見る家


桜を見る家




北川上空より
黒い外観の住宅の西側2階に、広い木のデッキが作られています。
住宅の一番高いところに北向きの横長のハイサイドライトが見え、デッキに開いた開口部の上には大きなグレーのオーニングが設置されているのが分かります。また、デッキの周囲には木製格子が立ち上がっており、デッキの下は駐車場になっているのが分かります。






自然でエコな工夫
この写真では陰になりますが、南側の傾斜屋根には太陽光パネルが設置され自家発電をしています。
広い西側デッキに伸びるオーニング(写真では畳まれています)・南側の庇やルーバーが、夏の日差しを遮ります。
セルロースファイバー吹込みの断熱と珪藻土の組み合わせで、自然素材によるすぐれた断熱性能に加え適度な調湿効果も得られます。
写真にも見えている天井の高い位置に取り付けられたハイサイド窓は、夏場の通風にも効果を発揮します。


住宅作品のインデックスへ 次のページへ

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.