Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 梅ヶ丘の家







梅ヶ丘の家





2階居間

段差を付けずに市松に敷き込んだ縁無し畳が居間の一部を占めています。普段は一体の空間として利用されますが、柱間に取り付けられたロールブラインドを下ろし、右手前に見える屏風(障子で作りました)を立て掛ける事により、六畳の和室として利用することも出来ます。
左奥に書斎コーナーが見えています。書斎の窓からは、この家のアプローチが見えるので来客の様子が分かります。さらに吹抜けを介して子供室の様子も分かります。



前のページへ 次のページへ


当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.