Home >> 作品集 >> 住宅作品集 >> 矢来の家(減築)


矢来の家(減築)



工事の様子
それでは、工事の様子を少しお見せしましょう。





外部
まず、平屋部分を解体し取り去りました。








内部
内部の壁や天井を剥がして行きます。

築40年以上経った建築の骨組みでしたが、思っていた以上に健全で、
栂材のしっかりした柱や梁が現れました。壁には筋違もところどころにありましたが、日本の伝統工法である「貫」も入っていました。この時期(過渡期)の住宅の作られ方なのでしょう。







前のページへ 次のページへ

当サイトに掲載の内容・画像の無断転載を禁じます。 Copyright(C) Araki Architects. All rightsreserved.
If you have any questions please contact us.